握手

投資物件の成功はアパート探しから始まる!資産運用の秘訣

投資効率を高める方法

男の人

エアコンをはじめとした入居者に人気の設備を設置することが、家賃相場よりも高めの賃料設定を実現するための近道です。所有者が自主管理を行うことがコスト削減の秘策であり、高級物件を目指すことで質の高い入居者も確保できるでしょう。

もっと見る

民泊ビジネスのコツ

マンション

増加する海外旅行客の宿泊のために、民泊ビジネスが注目されています。airbnbにより紹介される旅行客とのやり取りを代行業者が行ってくれます。英語でのやり取りや室内の清掃などを行ってくれるので役に立ちます。

もっと見る

物件の価値を高める方法

男女

マンション経営の効率性を高めるためには、入居者のニーズを考えて、安全性と快適性を高める工事を行うべきです。不動産会社との連携を通じて情報発信をして物件の魅力を伝えたり、法人契約などの新規顧客を開拓する姿勢が大切です。

もっと見る

安定収入が得られる投資

集合住宅

シニア世代の不動産投資

シニア世代を中心にして投資物件として、アパートを取得する人が増えています。近年では低価格モデルのアパートも販売されているため、物件を購入するハードルは低くなっています。また、銀行などの金融機関では、マイナス金利の影響で個人向けの住宅ローンの金利が低下し、借り入れがしやすくなるメリットも生まれています。そうした環境から、会社をリタイアした人でアパート経営に乗り出すケースが出ています。アパート経営を行うと継続的な収入を得ることが可能になってきます。毎月の家賃収入によって、投資物件しだいでは10年程度で初期費用を回収できる可能性が生まれてきます。その結果、投資物件取得から10年目以降は、丸々家賃収入が利益となってきます。

管理者としての業務

アパートの投資物件の取得時には、入居需要が十分に見込めるかどうかに注意をする必要があります。空室率が高くなってしまことがアパート経営として、最も大きなリスクです。したがって、アパートの近くに駅や大学があるかどうかなどのロケーションを詳しく調べた上で、投資物件を購入することが重要です。次にアパート経営では自らで管理を行っていく場合には、大きな労力が必要となることに注意をする必要があります。アパート運営では入居者の家賃を徴収したり、室内設備の保守を行うことになります。さらにアパートの管理者としては、建物や設備の修理といった作業を常に行う必要が出てきます。そのため、DIYが得意であったり、マメに働けるといった才能が求められる面があります。